平岡秀幸(俳優)

「演技の訓練はコミュニケーションの訓練である」といっても良いほど、舞台上の俳優には高いコミュニケーション能力が必要とされる。 

それは俳優それぞれが、相手役と、舞台装置と、或いはまた今置かれている状況と関わることによって初めて「劇」が生まれるからである。

関わりが深ければ深いほど、より「劇」に深みが出る。

確かに演劇は虚構であり、作り物である。

だからこそ、虚構の上に真実を生み出さねばならないからこそ、より深い関わりが必要とされる。 

関わるべきもの同士関わらないまま、何かを生み出したつもりになっている。 
そんな演劇ほど退屈なものはない。

いや、それはもはや演劇ではなく、段取りのおさらいである。

本当の演劇とは、関わりの中から何かを生み出すことである。

演技とは、関わりの中から何かを生み出す技である。

それは見せかけの関わりではない。 

「つもり」では通用しない世界なのだ。

我々演劇人が求めなければならない、「相手(ものごと)と真に関わることによって、何かが生まれる」という演劇の真髄が、リアルコンタクトの中にある。

 

全ての演劇人は、リアルコンタクトを必要としている。